豊珠会の先輩

入社後わずか1年で思い描いていたことを実現。仕事プライベートも充実、あとは仲間が増えることを願うのみです

入社2年目 20歳

身内にケアマネージャーがいたので、この仕事の魅力を知っていました

中学の時に、私の祖母が101歳で亡くなりました。子どもの頃からおじいちゃん、おばあちゃんをサポートしてきた経験や、身内にケアマネージャーがいたことで、中学の頃から両親には「介護士になりたい」なんて話していたんです。そんな私を見て、母が高校進学の時に、福祉や介護の勉強ができる学校を探してきてくれました。進学後は自然と自分もこの仕事に就こうと決めていましたね。

豊珠会の先輩の笑顔

介護の現場は一日があっという間。残業のない忙しい仕事は、毎日が充実

高校は福祉コースの商業科で学んでいたので、最初は介護事務職で求人をさがしていたのですが殆どみつからなく、周りがどんどん決めていく仲で、自分も現場をやってみようと思いました。実際にやってみると、現場で良かったと感じています。毎日充実していて、忙しく過ごすうちに一日があっという間なんです。ケアプランを作ったりする以外にほとんど残業はないので、あれっ、もう終わりか、という感じですね。逆に事務職が見つからなくてよかったのかもしれません。

生活には余裕はあるので、しっかり貯金もできています。ボーナスの他にも処遇改善手当が支給されて、入社2年目で車を買うこともできましたし、この前は友人と大阪へ旅行にも行ってきました!

豊珠会の先輩の話

休みが多いので、仕事もプライベートも充実しています。

豊珠会は休みが多く、有給もちゃんと使えるので、母も応援してくれています。

仕事もプライベートも、今は充実していますね。高校を卒業してまだ1年ちょっとですが、経済的にもしっかり自立できたことで、社会人としての自信もつきました。豊珠会では周りのスタッフも皆優しくて嫌なことは何もありません。唯一不満があるとしたら、仲間が足りないことでしょうか。介護の現場は、探せばいくらでも仕事を見い出すことができるので、もっとこの仕事に就く人が増えてくれたらと思います。このサイトを見て、新しい仲間が増えることを期待しています!

豊珠会の先輩の真剣な表情
この先輩に会って話してみませんか?
体験・エントリーフォームへ